楽しむ

有松の観光スポットをご紹介します!

有松観光案内所

地元を愛する人たちで運営する、町で唯一の案内所

2018年4月からNPOコンソーシアム有松で運営がはじまった観光案内所。絞り体験希望者には、つくりたいものや滞在時間に合わせて、工房や施設を紹介。

また「有松絞り」と「有松地区」が長く愛されるようにとの想いを込めて作られた「ARIMATSU SHIBORI」ブランドの製品も展示販売しています。絞りの手ぬぐいでできたお祝儀袋や御朱印帳が人気です。

有松観光案内所(旧山田薬局)

有松観光案内所(旧山田薬局)

住所愛知県名古屋市緑区有松1811番地
TEL080-9735-3952
営業営業日:金曜日、土曜日、日曜日、祝日のみ営業
営業時間:10:00〜16:00

有松天満社

絞りの装束で行われる秋の大祭は一見の価値あり

有松駅の北側にある由緒ある神社。地元を守る氏神さまとして、古くから有松、鳴海の人々の信仰を集めています。

秋の大祭の装束には有松・鳴海絞りが使われ、訪れる人たちの目を楽しませる。旧東海道を山車が練り歩く「山車の曳き回し」は一番の見どころです。

有松天満社

住所愛知県名古屋市緑区鳴海町米塚10
TEL052-621-3000

有松・鳴海絞り会館

実演見学の後のお土産選びも楽しみ

昭和50年に通産省の伝統工芸品に指定された有松・鳴海絞り。その9年後の昭和59年に旧東海道沿いに開館した「有松・鳴海絞り開館」。

展示の中で一番の人気は職人さんによる実演コーナー。小学生の頃から絞りをはじめて、今も現役で活躍するというベテランの職人さんや、ライセンスを持った伝統工芸士さんたちが、毎日当番でそれぞれ熟練の技を見せてくれます。

有松・鳴海絞り会館

有松・鳴海絞り会館

住所愛知県名古屋市緑区有松3008
TEL052-621-0111

スズサン

日本が誇る有松絞り。技と文化を世界へ、未来へとつなぐ。

有松・鳴海絞りの生産地である有松を拠点に、2008年、ドイツのデュッ
セルドルフに会社を立ち上げ、自社ブランドを世界に向けて展開。
ドイツにいる息子の弘行さんがキャッチする海外でのニーズを、父、裕さんが地元・有松で製品に仕上げる。
親子の連携は、有松・鳴海絞りの長い歴史に大きな飛躍の機会をもたらし、いまも新たな価値を世界に広げている。国内外からの研修生を受け入れるなど、技術の継承にも力を入れる。

スズサン
スズサン

スズサン

住所愛知県名古屋市緑区有松3026
TEL052-693-9624

久野染工所

つねに進化し続ける伝統の技

大正元年創業。完全な分業によって仕上げられる有松・鳴海絞りの工程のうち、最終工程の「染色」を行う。
伝統的な染めの技術を受け継ぎながら、近年は数多くのデザイナー、クリエーターらとともに独創性の高い製品を次々に開発し、パリ、ミラノ、ロンドンなどのコレクションでも高い評価を得ている。
さらに有松・鳴海絞りの後継者育成のため、美大の学生や若手の職人らのために工房を開放。
体験教室を開催するなど技の継承にも努める。

久野染工所
久野染工所

久野染工所

住所愛知県名古屋市緑区境松1 丁目609
TEL052-621-1041

山上商店

デイリーにまとう伝統の絞り

昭和のはじめから続く浴衣専門の老舗。
最近では新しい取り組みにも積極的に取り組む。
4年ほど前に立ち上げたオリジナルブランド「cucuri」は、各地で行うポップアップイベントをきっかけに知名度と人気がじわじわと浸透。
いまや関東、関西、東北からもわざわざファンが訪れるほど。
産地、有松のPRにも一役買っている。

山上商店
山上商店

山上商店

住所愛知県名古屋市緑区有松3573 番地
TEL052-623-2186
HPcucuri
https://www.cucuri-shibori.com

竹田嘉兵衛商店

蔵ではコンサートやパーティも開催

寛保年間(1740年代)に、竹田庄九郎家から分家した絞り問屋で、屋号は『笹加』。
およそ400年前、この地で始まった有松・鳴海絞りの技法を受け継ぎ、優れた職人の伝統技法により、主に和服を製作。
「竹田庄九郎」ブランドの名はここから全国各地に広がり、高い評価を受けている。江戸末期に建てられた建物は展示会などの際に一般にも開放され、内部を見学することもできる。
また、作業用に使われていた「三番蔵」と呼ばれる蔵ではピアノのコンサートや結婚パーティなども開かれる。

竹田嘉兵衛商店
竹田嘉兵衛商店

竹田嘉兵衛商店

住所愛知県名古屋市緑区有松1102
TEL052-623-2511

ゲストハウスMADO

歴史ある町並みに新たな風を呼び込む交流の拠点

江戸時代のはじめ、東海道ににぎわいを生み出そうと、尾張藩の政策に
よってつくられた有松のまちは、最初はわずか8人の移住者がまちを開き、その後、絞りを地元の伝統産業にすることで発展した。
そんな有松のまちに3年半前に誕生した新しい交流の拠点には、日本全国、そして世界各国から多くの旅人が訪れ、新たなにぎわいを生み出している。
定休日以外の午後はカフェとして、世界各地のレシピでつくった自然野菜のスープや手作りのパン、発酵ごはんなどが楽しめる。

ゲストハウスMADO
ゲストハウスMADO

ゲストハウスMADO

住所愛知県名古屋市緑区有松924
TEL050-7516-6632

カフェ&バル 庄九郎

有松の新たな名所としてよみがえった由緒ある町家

のれんのかかる格子戸を開けると、明るく開放的なフローリングのカフェ
スペースと、その奥に五畳の茶室が続くくつろぎの空間が広がる。
築170年を越えるとも言われる貴重な日本家屋の良さを存分に生かし、柱や窓をバランス良く配した居心地の良いカフェとして2年ほど前にオープン。
昼はランチやアフタヌーンティ、夜にはお酒とともに和洋をミックスした、見た目も鮮やかな創作ディナーが楽しめる。
旧竹田家の分家跡を利用した空家再生の取り組みは、オープン当時「なごや歴史的建造物保存活用工事助成」の第一号としても話題に。

カフェ&バル 庄九郎
カフェ&バル 庄九郎

カフェ&バル 庄九郎

住所愛知県名古屋市緑区有松1804
TEL052-627-2055
営業時間11:00 ~ 16:00、17:00 ~ 22:00
月曜日定休