有松ゼミナール VOL.3

テーマ:「有松再発見」

《景観整備機構 公益社団法人名古屋まちづくり公社助成事業》

「有松ゼミナールVol.3」は「有松再発見」をテーマに、竹田家「三番蔵」で開催しました。
第一部は、講師の渡邊氏と「有松のまちなみを散策する見学会」。第二部は、「尾道空き家再生プロジェクト」 などの活動を実践されている渡邊義孝氏をお招きし、尾道の伝統的建築の維持・活用にまつわる報告を含む 講演会及びパネルディスカッションを開催しました。

開催概要
日時 2016年12月23日(金・祝)
会場 竹田家「三番蔵」
内容 講演会 15:00〜16:00
講師 渡邊義孝氏(一級建築士、渡邊設計室代表、尾道市立大学非常勤講師)

パネルディスカッション 16:00〜17:00
司会:山口ゆずみ氏(コンソーシアム有松鳴海絞・事務局長)
パネリスト:渡邊義孝氏(一級建築士、渡邊設計室代表、尾道市立大学非常勤講師)
野口 和樹氏(一級建築士、(有)野口良一設計事務所・代表取締役)
重永 恵実氏、野村 亜希氏、平林 永里加氏(名古屋工業大学建築デザイン工学科4年、夏目欣昇研究室)
         
会費 2,000円(懇親会費)
主催 NPOコンソーシアム有松鳴海絞
有松ゼミナール VOL.3「有松再発見」 有松ゼミナール VOL.3「有松再発見」 有松ゼミナール VOL.3「有松再発見」 有松ゼミナール VOL.3「有松再発見」 有松ゼミナール VOL.3「有松再発見」
ページのトップへ戻る